放課後等デイサービス

ウィズ稲毛海岸

043-216-5547

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区 高洲3-14-5
細川ビル6階

母親同士の集い

放課後等デイサービス

ウィズ稲毛海岸のコンセプト

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88

身体力

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a01
 身体の成長が早い時期だからこそ、どんな児童でも多少の課題を持っています。それらは成長につれて自然に調整されていきますが、初期の不安定さが、生活や学業、社会活動に影響してしまうことが往々にしてあります。近年は外で遊んだり、危険姓のある遊具はなくなってきており、生活の中でもボタン一つで用が達してしまう物も多く、自然な調整に時間がかかる事も多くなっているようです。
 そのため、転びかた一つをとってもコツがあるように、身体力を意識したトレーニングをあえて行う事に意味があります。特に感覚統合アプローチは、多くの児童発達児童に有効です。
 WizIKメソッドでは、ミニプログラムや少し時間をかけた運動プログラムを、様々なバリエーションで楽しくできるように日々研鑽しています。
 少しの上達を喜んだり、仲間と協力や競争したり、楽しく、ゲーム感覚でワクワクしながら、身体力を高めていきましょう。

学力

%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b32
 学童期において一日で一番長い時間は学校の授業です。授業内容がわからなければ、その子にとって長時間椅子にただ座り続ける一日とは、どんなにつらいものでしょうか。
 本来「わかる」「できる」ということは喜びがあることです。学校や家庭での想いや具体的支援内容との情報交換しながら、特に基礎学力において躓かないように支援してゆきます。
 WizIKメソッドでは、ポートフォリオにより向上を確認しながら、IoTツールや自主プリント等を活用し、小学生低学年においては算数、高学年以降においては算数と国語を重視しています。
 
 幸せに生きるのに必要な基礎学力は、実際にはそれ程多くありません。あせらず、確実に、自己肯定感を高めながら身につけていきましょう。

生活力

%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3
 集団活動や規則などの社会性向上や、見る・聞く・話すといった基本行動の習得は、実際には学校や家庭でもっとも行われている活動かと思います。
  ウィズ稲毛海岸でも、SST(ソーシャルスキルトレーニング)のアプローチとして、時の流れを意識できる季節イベントや、生活安全能力向上、積極的な地域社会のリソース活用を図ったプログラムを月や曜日ごとに計画しています。
 WizIKメソッドでは、認知療法的視点で、個人個人に基づいた課題や特徴を学校や保護者と共有しながら、生活力向上に向けてバランスよく総合的に支援します。
 
 何よりも、この地域で生きている本人が、明るく元気で、心根のいい人間関係のある地域社会の中で今日も生きて、小さな幸せと感謝を感じていられますように。そんな想いを持った、地域社会の一員として末長く付き合っていけるサードプレイスで、皆さんと出会える事をスタッフ一同楽しみにしています。

プログラムの情報

WithIKメソッド(*)による総合的でバランスのよい療育的アプローチを、”わくわく”する気持ちを大切にしながら取り組んでいきます。

<身体領域> 

登校する子ども

身体感覚向上のための屋内野外ゲームや、技巧的創作活動

<学習領域>

子どもに勉強を教える親

生きるための基礎学力定着のための、反復計算や、個別オンライン学習。

<心理領域>

子どもを抱きしめる母

集団特有の社会性スキル向上のための集団遊びや活動
個々の感性や善悪観、道徳心、感謝の心を育てるための読書会

プログラム例

チェックシート

・マットによる感覚運動の反復による基本運動能力の維持向上
・反復計算による数字感覚の育成強化
・手作り料理による家庭的療育アプローチ
・地域イベントへの積極参加による、地域社会への愛着心醸成や認知向上
・地域コミュニティ協力のもと、職業体験の実践
・合唱等を通した音楽療育
・時節を意識したイベントの開催

(*)WithiIKメソッドとは。。。専門者集団である施設と利用者・保護者・地域社会が共にサードプレイスを土台として、WithIK3要素(身体領域、学習領域、心理領域)の総合的でバランスよい発展を支援サポートしていくために、PDCAサイクル

(*)に沿い、利用者視点に立った実践的・結果主義的手法・取り組みです。

(*)Plan-Do-Check-Affirmation による、認知療法を取り入れた独自の自己認識自己肯定感向上のためのアプローチです。

今後の取り組み

・定期刊行物の配信
・地域周辺での文化活動の推進
・利用者を成人後もサポート可能な会員制度創設

TOP